[東京] 千代田区可視化チーム

千代田区可視化チームでは、千代田区行政基礎資料集(平成24年版)《Excel版》(http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00146/d0014640.html)の地図を用いた可視化に挑戦しました。

千代田区の行政データには、たくさんの『位置情報』が含まれています。例えば、学童クラブに所属する小学生の人数から、交差点を走る人の流量まで、様々な「位置」に関する統計があります。一方、これらは良くある地図を使った統計(例えば、市ごとに出生率が色分けされているなど)としては、可視化されていません。そこで、そのような情報を地図に表示して、この場所ではこうなっている!ということが目で見てわかるようにしてみようと取り組みました。

チームを編成した際には、多くの人が参加してくれました。最初はExcelデータを処理し、緯度経度をつけて「Geothematics」というツールで可視化してみようと計画していましたが、いろいろな方法の可視化を試してみたいということで、以下の3つのチームに分かれて作業をしました。

Excelデータ位置情報化チーム
datarabbitチーム
Google Earthチーム



コメントを残す